社長 BLOG

2018/11/13
 長尾一洋氏が書かれた「確実に成果が上がる営業の方法」という本の中に、なるほどと思える箇所がありました。

 「どんなものも防ぐ盾」と「どんなものも突き通す矛」とを売っていた男が、お客様から「その矛でその盾を突いたらどうなるのか」と問われ、返答できなかった。これが矛盾の語源です。
たしかに言っている通りなのですが、そんなにすごい矛と盾があるのなら、無理にどちらが正しいかを試してみずに、両方使えばいいんです。矛か盾も両方です。矛か盾かではなく、盾も矛も両方です。

                 営業の矛盾

           質を追求する  VS  量を追求する
      即戦力で組織を強くする  VS  育成で組織を強くする
     新規のお客様にアプローチ  VS  既存のお客様にアプローチ
       足を使ってアプローチ  VS  空中戦でアプローチ
    営業マンの人間力で受注する  VS  仕組みで受注する
    所得をモチベーションにする  VS  やりがいをモチベーションにする
      自分のために仕事をする  VS  お客様のために仕事をする

 このように書かれた長尾氏の考え方に思わず納得してしまいます。
 両方ありと考えたとき、その時々の状況に応じて戦略、戦術の幅が広がり、人間的にも寛容さが生まれ、考え方の幅が広がってきます。
 組織の成長に、多様性が求められています。個性、能力が開花し伸びることで多様性のある組織になっていく。長所も短所も個性、才能として捉える寛容さがあればすべての社員が人財となります
 例えば、トップ(リーダー)に追従する人ではなく、ノーと直言するスタッフ、もっといいイエスを言ってくれるスタッフが多いほど活性化されイノベーションを起こす企業になると思います。
 矛と盾の両方を活かし切るところに成長のヒントあることを学びました。

 フィギュアNHK杯で紀平梨花選手が初出場で優勝しました。SPで転倒したことから、不安で演技前まで何度も成功動画を確認し、浜田コーチから「もっと闘争心を燃やしなさい」と背中を押されたとのこと。
 挑戦せずして悔いを残すより、たとえ挑戦して失敗しても得るものは大きいと考えます。挑戦しないこと程、リスクは大きいと私たちは考えています。
 挑戦して得る文化をもっともっと育てていきたいと思います。

 11月13日
 陶山信幸
 
2018/10/11
 昨日金足農高の吉田投手がプロ志望を表明し、記者会見が行われる一方で、阪神の金本監督が最下位の責任をとって辞任。そして先日、読売ジャイアンツの高橋監督も3年優勝を逃がした責任をとって辞任を表明。
 結果が全てだとはいえ、球団を運営する社長、ひいては親会社の球団経営する首脳陣の責任はどうなのだろうと思ってしまいます。
江藤選手、金本選手、新井選手、大竹投手、前田投手、黒田投手が抜けた後も強い広島。
 長い年月をかけ、生え抜きの選手を育て、ようやく主軸として活躍すると、FAで他のチームに去っていく。引き留める資金がない広島は、生え抜きの新たな戦力を育てることに球団をあげて取り組んでいると聞きます。
 スカウトの目利き力もさることながら、球団として、5年後、10年後を視野に入れて、どのポジションを補強しなければならないかを仕組化し、若手の育成に取り組んでいるとのこと。
 一方、巨人はDeNAnの山口投手や、日ハムの陽岱鋼選手、など毎年大型補強を行い、ようやく育ってきた若手選手がやる気が失せるような補強をおこなっていることに、なぜ気が付かないのかと思ってしまいます。
 日本ハムも広島カープと同じように、若手が育つ仕組みに取り組んでいると、元二軍監督の白井一幸さんがトップリーダーという雑誌に載せておられました。
「私が選手だった1980年代、90年代はスパルタ球団でした。スパルタ対スパルタの戦いになると、戦力が高い方が圧倒的に有利です。同じようなスパルタ指導をしている限り、力のある選手が集まっている西武や巨人に、日ハムは勝てないのです。
 私がコーチになってから、強いチームとは指導法を変えることにしました。例えばミスをしても選手を怒らない。その代わりにこう繰り返したのです。
 『ミスをしたときは、今まで以上に元気を出して積極的にプレーしなさい。ミスをしないように、どんなに集中しても再びミスをするかもしれない。けれど、積極的にプレーすることは自分自身が意識さえすれば、必ずできるよね。それができていれば、私たちコーチは怒らない。ミスを受け入れます』
 ミスをしたら、一番ショックなのは本人です。でも萎縮してしまっては、また同じミスをする。大切なのは、どう気持ちを前に向かせるかです。
 考えれば当たり前のことです。萎縮して怖々とプレーするのと、元気を出して積極的にプレーするのと、どちらがいい結果を出すと思いますか。答えははっきりしています。
 指導方法が180度変わったことに、最初、選手たちは戸惑っていました。逆にミスをした後に落ち込んでいたら『どうした?元気出せ!』と言われる。
 そんな指導を続けると、ミスをしても選手がコーチの顔色をうかがわなくなりました。日本ハムは、ミスをすればするほど元気が増すチームになったのです。ミスをするとムードが暗くなるどころか、積極的に向かってくる。それって相手チームからすると、気味が悪くないですか。もう脅威です」と。
 
 広島カープや日本ハムの選手の姿を見ていると、生き生きとしています。チームワークの良さも感じます。
 生え抜きの若い選手が育つ仕組みは、個性や能力を伸ばしていく環境をつくっていくことだと学ばせてもらいました。

10月11日
陶山信幸 
 
2018/09/09
 米子富益に8月完成したスマートホームのモデルハウスが今、「真っ白なお家がオシャレと話題になっている」と、たくさんの方から聞きます。夜まで見学会を昨日と、今日(9/9)開催していますが、8月下旬に事務所を移し、9月1日より営業をしておりますので、いつでもお気軽にご覧いただけます。お気軽にお越しください。
 先週は倉吉でお施主さまのお家をお借りして、予約制見学会を行いました。オープン階段と吹き抜けをしたいとのお施主さまの想いがカタチになり、大変喜んでいただきました。施主さま、ご来場いただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 今朝、大坂なおみが全米オープンテニス決勝でセリーナと対戦。出勤時間に間に合う時間帯でしたので2セット目からテレビで観戦しました。主審への抗議やラケットを叩きつけるなど、苛立つセリーナに対し、我慢の大坂なおみ、勝敗は明らかでした。この快挙にこみ上げるものがありました。
 優勝のインタビューで「みんな彼女(セリーナ)を応援していたのは知っています。こんな終わり方(自分が勝って)で申し訳ございません。ただ、試合を見にきて下さってありがとうございます。セリーナと全米の決勝で戦うことが夢だったので、それがかなってうれしいです。(セリーナに対し)プレーしてくれてありがとう」
 ブーイングからあたたかい大きな拍手に変わったのも大坂選手の観客への感謝、セリーナ選手への感謝の気持ちが伝わったのでしょう。

 この快挙にサーシャ・バインコーチの存在は大きいと思います。コーチは、なおみ選手に「全ては心から始まり、体はそれについてくる」と言い続けます。試合中「なおみならできる」と励ます姿もテレビで放映されました。
 なおみチームは笑顔が絶えないといいます。練習前のアップは笑いながら一緒に走り、トレーニングも一緒に付き合って同じ量の汗を流す。練習は罰ゲーム付きのサーブ練習やダッシュで締めくくり、負けたコーチがスクワットをしている様子を大坂なおみがニヤニヤしながらスマートフォンで撮影するなど、こんな練習を見学しているファンも楽しく応援しているそうです。
 大声を出し、厳しさを前面に出すスパルタ指導の監督やコーチもまだ多く見かけます。指導法に正解はないと思いますが、選手のもつ個性、能力を、楽しみながら伸ばす環境づくりこそ、私は大切だと思います。

9月9日
陶山信幸
 
2018/08/18
 スマートホーム米子富益モデルハウスが米子市富益町に本日(18日)オープンしました。
 この度のモデルハウスはスマートホームがOperated(運営)するグランワークス(グランワークス・アーキテクツ・スタジオ)が設計しています。
 海に近く、松林を通り抜けたところに白い住宅(モデル)。この土地の環境を考え尽くした設計と、LDKと寝室を回廊型につなぐ同線は日常を感じさせないリゾート。必見です。
建築家がデザイン設計する住宅をもっと身近なものにしていきたいとの想いからグランワークスは誕生しました。
 住宅デザインをリードしていくリーディングカンパニーとしての役割を担っていくスマートホームにご期待下さい。
 完成見学会は18(土)・19(日)と行っています。
 次回見学会は9/8(土)・9(日)午後8時までの、夜まで見学会を予定しています。

 今年の夏は本当に暑いですね。7月22日に予定していた米子での感謝祭も急遽9月に変更させていただいた経緯もあります。
 そんな中、いろいろなスポーツ競技が行われ、毎日のように感動のドラマが生まれています。中でも注目をしていたのがバトミントンの桃田賢斗選手です。
 どん底からの復活。違法賭博による出場停止処分を受けてから約2年。8月5日、中国・南京で行われたバトミントン世界選手権で日本勢として初めて優勝。「停止処分中、応援してくれる方や、バトミントンができるありがたさに気づかされました。目の前の試合を一つずつ、全力で。感謝の気持ちだけは忘れずに戦いたい」と気持ちを語ってくれました。
 1年1ヶ月に及んだ処分期間中は所属先のNTT東日本で社会貢献に従事しながら、ひたすら走りこんだ。黙々と一人で、練習前後に1時間ずつ走った。所属先の監督は「毎日欠かさず体力づくりに励む姿が印象的だった」と。
 真摯な姿勢と復帰後の実績が評価され、今年1月に日本代表に復帰した桃田選手に多くを学ばせていただいています。
 過ちとか、失敗は誰にでもあること。そこで投げやりになるか、やったことを真摯に受け止め、謙虚に反省し、もう一度挑戦していく姿は素晴らしいことだと思います。そして所属先のNTT東日本の方々の温かい励ましにも頭が下がります。もう一度頑張る人たちに対して、社会の寛容さの土壌ができつつあることも嬉しいことです。
 私が阪神大震災で被害を受け、ズタズタになって鳥取に帰ってきたとき、息子が通っていた高校の学園便りに理事長が書いて下さった「こけることは恥ずかしいことではない。起き上がらないことが恥ずかしいことなんだ。人生には苦難がある、どう乗り越えるかだ。人生の出来事には必ず意味がある」と書き記して下さったこの言葉にどれだけ勇気づけられたことか、人生の言葉として受けとめ、感謝しています。

8月18日
陶山信幸
 
2018/07/21

 このところ、猛暑が続き、全国で熱中症の症状で救急搬送される方の報道が連日なされています。
 米子で7/22(日)に屋外での感謝祭を予定していましたが、急遽中止し、延期とさせていただきました。予定されていた皆様には大変ご迷惑をお掛けしましたが、ご理解をいただき感謝しています。秋に開催しますので、改めてご案内致します。

 米子店では富益に新モデルハウス(事務所併設)が7月末に完成します。それに伴い、米子店事務所併設モデルハウスの役割が終了し、販売予告しましたところ沢山の方の購入希望があり8月のお引渡しとなりました。
 米子店新モデルハウスのプレオープンが8/4(土)5(日) グランドオープンが8/18(土)
19(日)と決まりました。ご期待下さい。

 先日、池井戸潤氏原作の「空飛ぶタイヤ」が上映され、観に行きました。赤松運送社長を長瀬智也氏が演じ、「経営者としての胆力」を改めて学びました。
 突然起きたトレーラーの脱輪によって人の命が奪われた事故。一方的に赤松運送の整備不良とされ、「容疑者」と決め付けられ、取引先や銀行、社会からの信用を失い、倒産寸前に追い込まれていく。そんな中、諦めずに、大手自動車会社のリコール隠しに挑み、ついに車両自体の欠陥を証明するというストーリー。

 訴訟、裁判、損害賠償、資金繰り、社員の退職、倒産の危機、子供のいじめ、などの状況に於いて原作では主人公、赤松社長の心境が綴られています。

 もう少しの我慢だとか、今を乗り切ればなんとかなるとか、そんな上っ面な言葉はたちどころに排され、耐えるしかない悲惨な現実だけが目の前に横たわっている。
 つらい時、人はそれがいつかは終わると確信しているから強くなれる。だが、いつ終わるとも知れない闘いがもたらすものは、絶望と脱力だ。
 それでも俺は闘わなければならないのか・・・。
 そのことに思い至った赤松は、もはやどんな感情も感じないほどに疲れ切っている自分にも気づいていた。
 だが、立ち止まるわけにもいかない。前進しなければならない。
 家族と会社、そして従業員がいる限り。
 いつか必ず、この苦しい闘いは終わる。終わらせてみせる。だから・・・。
 だから頼む、ついてきてくれ・・・。
 赤松の心中を揺るがす無言の叫びは、空虚な家の中で方向感すら失う。

 苦難に遭遇し、絶望のなかで、経営者として決して諦めてはいけない。ある本に「胆力とは、飛行機が墜落しそうになったとき、諦めず、必ず故障を突き止め、正常に戻し、陸地直前で一気に浮上することである」と書かれていたが、「人生の出来事には必ず意味がある」と確信して未来を切り開いていきたいものである。

 7月20日
 陶山信幸
 
2018/06/23
 スマートホームがスタートしたのは2013年4月30日。お陰さまで5周年を迎えました。
 明日6月24日の日本海新聞に、協力業者様と一緒に成長していく決意と感謝。そして私たちの想いを全面掲載します。

   おかげさまで5周年
    スマートホームの「想い」は未来へ。
   創業以来「想いをカタチに」をキャッチフレーズに
   多くのお客様に出会い、
   いくつものストーリーが生まれてきました。
   その中で改めて感じた「想い」という言葉の大切さ。
   人を動かすのは「想い」であり、
   お客様はもとより、共に歩んできた社員、協力業社の方々、
   すべての想いをカタチにすることを使命と考えています。
   今後もこの言葉を常に意識し、
   未来へ成長してまいります。

 このコピーと共に、筆文字デザイナー向井結さんにお願いした「想」の文字と、湯梨浜モデル(土間スタイル)の写真が融合し、デザインされています。

 ひたすら走り続けた5年間。今では、多彩なスタッフが集まり、総勢21名となりました。一人ひとりが持っている個性、多彩な能力を発揮し、議論し合うことによってイノベーションが生まれる土壌ができつつあります。
未来を見据え、常に企業理念に立ち返りながら、社員と共に成長していきたいと決意しております。

企業理念
「想いをカタチに」
お客様の笑顔のために
チームが協力し、お客様の想いを
カタチにしていくことが私たちの使命です。
出会いに感謝しながら。
 
6月23日 
陶山信幸
 
2018/05/28
 九州南部から四国にかけて梅雨入りしました。
 5月11日に鳥取と東京で活躍されているカメラマンの渡部サミー氏が講演され、受講しました。雨の日、若葉から落ちる一粒の水滴が何とも言えない風情を醸し出す写真がありました。サミーさんから出た言葉は、「雨を楽しむ気持ちがあればカメラマン人生が楽しくなる」と。雨に対して「嫌だな」と思う気持ちがありましたが、それ以来、自然を受け入れ楽しめる自分になろうと決めたのです。
 先週の水曜日にゴルフコンペがあり、その日は一日中雨の中のゴルフでした。雨はゴルフを難しくしますが、100切に楽しみながら挑戦しようと決め、結果は96点。サミーさんに感謝です。

 5月24日、こうぎん経営者クラブ主催で元ヤクルトスワローズ監督、古田敦也氏の講演会がありました。立命館大学で日本代表選手に選ばれるなど活躍し、ドラフト会議で「一巡目の指名間違いなし」とスポーツ新聞に報道され、大学にも自宅にも1位で指名しますからよろしくとの挨拶がありました。ドラフト会議当日、ホテルの会場でテレビの前で待機。報道陣がカメラを持って取り囲み、指名の瞬間を待っていました。加古川の自宅では、近所の人が大勢集まり、酒盛りの準備。大学では「おめでとう」の垂れ幕が準備され、野球部員の仲間も会場に集まり、胴上げの準備をしていたところ、1順目は指名されず、2順目に期待をしていましたが、2順目もなし。4順目になると空気も複雑になり、とうとう指名されることはなかった。古田氏の心境も悔しさでいっぱいだったと察します。
 「なぜ指名されなかったのか理由を聞きたい」と指名すると言っていた複数の球団に聞くと「メガネのキャッチャーは前例がない、プロでは通用しないのではないか」と言うことが理由とのこと。「よし、前例がないのなら、メガネのキャッチャーとして前例をつくろう」と決め、トヨタ自動車へ入社。ソウルオリンピックで活躍し、2年目のドラフト会議でヤクルトスワローズから指名を受け入団。
 プロ2年目で首位打者、日本シリーズでMVPに2度選ばれ、通算2000本安打、野球殿堂入りなど、球史に残る活躍をされました。

 あの時の悔しさをバネにし、努力された古田氏に学ばせていただきました。「人生の出来事には意味がある」ことを改めて認識し、これからの人生に活かしていきたいと思います。

陶山信幸
 
2018/04/23
鳥取店併設モデルハウスが賀露町西に完成し、完成見学会を4/21(土)22(日)と行いました。多数の方にご来場いただきありがとうございました。デザイン性、機能性に高い評価をいただきました。
事務所の移転は4月26日までに行い、27日より新モデルハウスでの業務となります。今後はご不便をおかけすることなくご案内できますので、お気軽にご来場下さい。

 ようやく花粉症の症状もなくなり、待ち遠しかった新緑の季節を迎えます。5月の連休には毎年出かける山菜取りが楽しみです。タケノコ、ワラビ、タラの芽、ウドなどが食卓に並び、季節が楽しめる鳥取での暮らしに幸せを感じます。

 開幕ダッシュでこのままいける予感がしたジャイアンツは今、3チーム揃って最下位。秋までの長いペナントレースですので応援をしていきたいと思いますが、横浜のラミレス監督の若手の起用、采配には注目です。
 日経新聞のスポーツのページに篠山正幸(日経電子版スポーツ編集長)さんが日本ハムの若手育成についての思いを書いておられ興味深く読みました。
 「日本ハムには不思議な傾向がある。主力が抜けて、もうしばらく勝てないかも、という年に案外勝つ。小笠原道大・現中日2軍監督がFAで巨人に移籍した2007年に優勝、エースのダルビッシュ有がレンジャーズに移籍した12年も優勝した。糸井嘉男、今期は大谷翔平もエンゼルスへ抜けた。それでも主力級の相次ぐ流出に見舞われながら、15年で5度優勝を果たしている。そこにチームづくりの妙が見える」と篠山氏はいう。ここで注目したいのはレギュラーのポジションが空くことによる選手育成の効能だ。選手にとって何が肥やしになるといっても、実践に勝るものはない。練習の10球より試合の1球。1軍の試合ともなれば1イニングの投球、1打席の経験でも宝になる。つい「誰々が抜けた穴」と書くのだが、穴こそ若い選手に糧を与える貴重な空白なのだと、この球団は早くから気付いていたのだろう。穴はいずれ埋まるもの、というくらい腹をくくらないと、世代交代もままならないようだ」と結んでいる。
 これまでの巨人には耳の痛い話だ。抜けた穴を他の球団から補強してきたつけが今の巨人。しかし、今年の巨人は岡本、吉川など若手を起用。当面、下位を経験しながら秋には優勝と期待するのもファンの楽しみでもあります。
 
 スマートホームの平均年齢は38歳。失敗を糧とし、「挑戦し続ける文化」を創り上げたい。
若いスタッフに任せることによって躍動し、成長していくチームでありたいと決意している。

陶山信幸
 
2018/04/05


今年は春の温かさが早く、桜が例年より早く開花しましたね。
スマートホームでは、今年入社した4名の歓迎会と花見を兼ねて、居酒屋で行いました。
平成25年の8月、6名でスタートしたスタッフは、20名となりました。懇談する中で、皆のやる気を感じ、「一人ひとりの個性を生かし、生き生きと、やりがいが持てる企業」にしていかなければ」と強く思った歓迎会となりました。

いよいよ明日からマスターズが始まります。タイガーウッズも久々にエントリーしています。栄光の人生を謳歌してきた選手が私生活でつまずき、幾多の試練を乗り越えての出場に拍手を送ります。過去は過去として再起できるアメリカの国民性のおおらかさは素晴らしいと思っています。
日本からは松山、小平、宮里、池田の各選手が出場します。松山選手には今年、メジャーでの優勝をつかんで欲しいと思っています。

ゴルフはコースと、自然と、自分との戦い。ナイスショットが不運にも木の手前に止まったり、深いラフやバンカーにつかまったり、ゴルフには不運がつきものですが、これが面白い。「あるがまま」を受け入れ、いかにリカバリーするか、人生そのものです。
今年は花粉症が和らぐ4月下旬から、90切りを目標にゴルフを楽しみたいと思っています。

プロ野球も開幕しました。ファンである巨人の動向が気になり、9時から、NHKニュース後半のスポーツコーナーを観ています。巨人が勝てばニュースステーションのスポーツコーナーで再度喜びをかみしめます。
今年は若い選手の台頭で面白い。岡本選手はすでに2本のホームランと5割に近い打率、あの思い切りのよいバッティングには見入ってしまいます。セカンドの吉岡、キャッチャーの大城、宇佐美。メジャーから帰ってきた上原投手。今年の巨人は目が離せません、楽しみです。

                                        陶山信幸
 
2018/03/10
湯梨浜モデルが本日いよいよデビュー!!
完成見学会を今日3/10(土)・11(日)の2日間開催します。

『DOMA Style(土間スタイル)』
かつて土間は、炊事や作業の場であり、
近所の人が気兼ねなく立ち寄れる
コミュニケーションの場でもありました。
そんな土間を現代の生活に活かし、
さらに室内にいながら四季の変化を楽しめるような、
開放的な空間を創りました。
土間スペースには薪ストーブを置いたり、
自転車のメンテナンスをしたり、
土間の使い方は住む人の趣味や生活に合わせて自由。
一見ムダとも思えるこの余白が生活にゆとりを与えます。
スマートホーム湯梨浜モデルハウスいよいよデビュー!!
ぜひご覧ください。

 このコピーは、湯梨浜モデルをスマートホームマーケティングディレクター谷森が、広告に表現したものです。
 私の世代では、土間のある暮らしが日常であり、年の瀬に、母の実家の大きな土間で、餅つきが毎年行われた子供のころの風景が懐かしく思い出されます。
 今、実体験がない若い世代でも、古民家のリノベや和のデザインに興味を示される方が増えています。和風・伝統建築の再評価・再構築でシンプルモダンと和の融合に新しい可能性をデザインのチカラで発信していきたいと思います。

 百聞は一見にしかず、設計力を是非ご覧ください。


 陶山 信幸
 
  • 見学会情報
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ