PRESIDENT BLOG社長ブログ

2015年10月6日

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大村智氏がノーベル賞を受賞されました。
「微生物のすごい能力を何とか引き出そうとしてきた。ノーベル賞を受賞するとは思っていなかった。何か一つでも人の為になることができないかいつも考えてきた」と日本海新聞で紹介されていました。

大村さんは大学卒業後、定時制高校の教師に。
生徒たちは、昼間、工場で働いた後に登校し熱心に勉強していた。中には手に油が付いたままの生徒もいた。
大村さんは「自分も頑張らなければ」と一念発起し、夜は教師を続けながら、昼は東京理科大学の大学院に通い分析化学を学び、研究のおもしろさにのめり込んだ。

頑張る生徒たちの姿勢に学び、自分も頑張ろうと決意されたことが受賞の原点になっていることに感銘。
改めて「若い人たちに学ぶ」ことの大切さと「人のために何かできないか」を実践され、その思いの大切さを感じさせていただいた大村さんのノーベル賞の受賞でした。

 陶山 信幸

担当:陶山 信幸

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る