STAFF BLOGスタッフブログ

お役立ち情報 第69弾 『配線(コンセントの位置)を考える』

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、米子店の佐藤です。27日N様邸の上棟、無事終わりました。N様本当におめでとうございます。それから、気持ちよく駐車場を貸して頂きました皆生温泉病院さん、ありがとうございました。
 今日は大山町のY様邸のお引渡しがありました。Y様、本当におめでとうございます。記念写真、良い笑顔で撮れてましたヨ。これからも引き続きよろしくお願いします。お引越し等、
一段落されましたら、また遊んでやってください。
 それでは、今回のお役立ち情報は 『配線(コンセントの位置)を考える』です。
 家づくりで、よくありがちな失敗事例として上げられるのがコンセントの位置や数、電気のスイッチの位置だそうです。そういう自分の家でもありました。子供部屋にロフトを付けているのですがスイッチが入口にしか付けてなくて、ロフトで寝るのに自分で切れない。なんて失敗がありました。
 失敗する原因として、平日と休日の行動パターンや生活動線の上にコンセントをイメージしていなかったからだと思います。
 例えば、「寝室で寝る際どこで照明を消すのか」「コンセントを付けたがそこに家具を置いてしまって使えなくなった」「掃除機のコードが届かない」などの失敗があります。
 生活をイメージしてみればある程度は予想をたてられそうですネ。また、合わせて以下のこともチェックしてみてください。

【チェック項目】
□ 家電を使う場所のコンセントの数が足りているか?
□ 生活動線、家事動線上に照明やコンセントがあるか?
□ 開けたドアの裏、家具の後ろにコンセントが隠れてないか?
□ 掃除機を掛かける際、コンセントの抜き差しは何回か?

 参考にしてみてください。
 それではまた・・・。次回は、6/2(金)『SATO-PLAN No.70』をお届けします。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る