PRESIDENT BLOG社長ブログ

2018年8月18日

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートホーム米子富益モデルハウスが米子市富益町に本日(18日)オープンしました。
 この度のモデルハウスはスマートホームがOperated(運営)するグランワークス(グランワークス・アーキテクツ・スタジオ)が設計しています。
 海に近く、松林を通り抜けたところに白い住宅(モデル)。この土地の環境を考え尽くした設計と、LDKと寝室を回廊型につなぐ同線は日常を感じさせないリゾート。必見です。
建築家がデザイン設計する住宅をもっと身近なものにしていきたいとの想いからグランワークスは誕生しました。
 住宅デザインをリードしていくリーディングカンパニーとしての役割を担っていくスマートホームにご期待下さい。
 完成見学会は18(土)・19(日)と行っています。
 次回見学会は9/8(土)・9(日)午後8時までの、夜まで見学会を予定しています。

 今年の夏は本当に暑いですね。7月22日に予定していた米子での感謝祭も急遽9月に変更させていただいた経緯もあります。
 そんな中、いろいろなスポーツ競技が行われ、毎日のように感動のドラマが生まれています。中でも注目をしていたのがバトミントンの桃田賢斗選手です。
 どん底からの復活。違法賭博による出場停止処分を受けてから約2年。8月5日、中国・南京で行われたバトミントン世界選手権で日本勢として初めて優勝。「停止処分中、応援してくれる方や、バトミントンができるありがたさに気づかされました。目の前の試合を一つずつ、全力で。感謝の気持ちだけは忘れずに戦いたい」と気持ちを語ってくれました。
 1年1ヶ月に及んだ処分期間中は所属先のNTT東日本で社会貢献に従事しながら、ひたすら走りこんだ。黙々と一人で、練習前後に1時間ずつ走った。所属先の監督は「毎日欠かさず体力づくりに励む姿が印象的だった」と。
 真摯な姿勢と復帰後の実績が評価され、今年1月に日本代表に復帰した桃田選手に多くを学ばせていただいています。
 過ちとか、失敗は誰にでもあること。そこで投げやりになるか、やったことを真摯に受け止め、謙虚に反省し、もう一度挑戦していく姿は素晴らしいことだと思います。そして所属先のNTT東日本の方々の温かい励ましにも頭が下がります。もう一度頑張る人たちに対して、社会の寛容さの土壌ができつつあることも嬉しいことです。
 私が阪神大震災で被害を受け、ズタズタになって鳥取に帰ってきたとき、息子が通っていた高校の学園便りに理事長が書いて下さった「こけることは恥ずかしいことではない。起き上がらないことが恥ずかしいことなんだ。人生には苦難がある、どう乗り越えるかだ。人生の出来事には必ず意味がある」と書き記して下さったこの言葉にどれだけ勇気づけられたことか、人生の言葉として受けとめ、感謝しています。

8月18日
陶山信幸

担当:陶山 信幸

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る