COLUMN家づくりコラム

注文住宅を建てる時の流れや期間

鳥取で注文住宅を新築する際の流れやかかる期間について

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てようと考えているが、新築する際の流れや期間がわからない。」
注文住宅を建てることは、なかなか経験できないことなので、わからないことも多いと思います。
購入までの流れや期間は、費用の準備にも影響しますので、把握しておきたいですよね。
今回は、注文住宅を新築する際の流れやかかる期間を説明していきます。

□注文住宅新築までの流れについて

*家や新しい生活のイメージを考える

注文住宅では、いきなり物件を購入するわけではありません。
家のイメージづくりを最初に行います。
これはご家族が一緒に、どのような家にするかを話し合うことです。
新しい家を建てる際には、様々な希望がありますよね。
外観や間取りだけではなく、自分たちらしい生活をイメージしましょう。
それらをどのように住宅に活かしていくかを考えていきます。
インターネットや雑誌などを見ながらイメージを膨らませていき、
モデルハウスや完成見学会などに行って実際の家を見ながらサイズ感や質感などを参考にしましょう。

*資金計画

プランニングの前に行っておきたい一番大切な作業が、資金計画です。
新築は、人生の三大支出と呼ばれているほど多額の費用がかかります。
土地を購入し、家を建てるのにお金をかけすぎて、
住み始めてから生活を楽しめないなんて本末転倒なことにならないように慎重に計画しましょう。
手持ちの資金で工事が行えるようであれば問題ないですが、
ほとんどの方が住宅ローンを組むことになると思います。
いくら借りることができるのか、生活費にいくらかけられるのか
子供の教育費にいくらかかるのか、老後のためにどれぐらい残せるのか
返済額をシュミレーションし、実際に住宅ローンの事前審査までお手伝いしますので
安心してご相談ください。

*土地探しと敷地調査

新たに土地を購入して家を建てる方も多くいらっしゃいます。
エリア、校区、価格など、希望をいくつか挙げていただければ、
それに沿うような場所をお探ししますので
土地がまだお決まりでない方もお気軽にご相談ください。
住みたい土地が決まったら敷地調査をします。
法令と現状確認、方位や周辺環境を見ながら
どんな家にすると住みやすいのかなどを考えていきます。

*プランニング

決定した土地の状況を考えながら
ライフスタイルやご家族の希望をヒアリングし、
間取り、外観、ご予算のプランニングをします。
お客様が納得できるまで打合せを重ね、最終的に決定します。

*工事請負契約

ここまで完了してから、工事請負契約を交わします。
住宅を建てる際に必要な手続きや作業を行い、建築工事が始まります。

*建築工事

地鎮祭→基礎工事→上棟→木工事→外内装工事と進み
建物が完成すると行政機関による完成検査を受けます。

*お引渡し・ご入居

工事中に使用していた工事用鍵を本鍵に交換し、
いよいよご入居いただきます。

□新築を考えてから入居までの期間はどれくらい?

注文住宅を新築する、つまり情報収集を始めてから入居までにかかる期間は通常12~24か月です。
気に入った土地がなかったり、行政手続きが長引いたりする場合にはさらにかかる場合もあります。

□まとめ

今回は、注文住宅を新築する際の流れやかかる期間を説明しました。
完成までに、資金計画・土地の調査・プランニングなど様々な作業を行うのが特徴です。
また、期間も1年以上と長いですが、これから数十年生活していく新居です。
納得いくまでじっくり考え、慎重に進めていくのをおすすめします。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る