COLUMN家づくりコラム

リビング収納について

リビング収納のメリットやコツなどを説明

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てようと考えている。」
「収納はどう考えるのが良いのだろう?」
注文住宅を建てる際には、収納のことが気になるかもしれません。
快適に過ごすためにも、ポイントを押さえて設置を検討したいですよね。
そこで今回は、収納の中でもリビング収納について、そのメリットや知っておきたいことを説明していきます。

□リビングに収納があることのメリット

*リビングが散らからない

リビングを家族が集まる場所にされているご家庭も多いと思います。
面積はありますが、その分収納が少ないかもしれません。
過ごす時間が長いため多くのものを使いますが、収納がないと困ってしまいます。
ものがあふれてくるとリビングが散らかってしまうでしょう。
他の部屋の収納場所に片付けるのも面倒ですよね。
そこで、リビング収納を設けることで、散らかるのを防ぎ、使いやすいリビングを作り出します。

*生活感を出さない空間にできる

リビングには、お客様を通すこともあるかもしれません。
その際に、あまりにも生活感のある場所ですと、ご自身にとっても居心地が良くないですよね。
そこで、収納スペースを設けることで、整理整頓された生活感が強くない空間を演出できます。
リビング収納には開閉式のものやカーテンで覆うものもありますので、見える心配はありません。

□おすすめのリビング収納とは?

*引き出しタイプを様々なところに

引き出しタイプの収納ですと、片付けたものが見えないために散らかった感じもしません。
おすすめなのは、壁や階段下などの隙間を使って収納スペースを設けることです。
ものを探しやすいように、奥行きの狭いタイプにしましょう。
空間を有効利用し、リビング収納そのものが目立たない点がメリットです。

*インテリアの一部にする

収納そのものをインテリアとして活用するのもおすすめです。
よく使うものは何度も片付けるのが面倒かもしれません。
そこで、あえて見せることで飾りのようにもできます。
すっきりさせるだけではなく、インテリアとして見せるとおしゃれな空間に仕上げるのです。
壁に雑貨や植物などを飾るとリビングがよりご自身らしい空間にできるでしょう。

□まとめ

今回は、リビング収納のメリットや知っておきたいことを説明しました。
リビング収納を設けることで、リビングが散らからず、生活感の少ない空間に仕上がります。
引き出しタイプを様々なところに設けて空間を有効に活用し、インテリアとしても利用しましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る