COLUMN家づくりコラム

注文住宅で失敗、後悔の事例

注文住宅で失敗しないために、後悔の事例を紹介

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てようと考えているが、失敗や後悔しないようにしたい。」
注文住宅は費用もかかりますので、後悔がないようにしたいですよね。
失敗しないためには、事例や対策を把握しておくことが重要です。
そこで今回は、失敗や後悔する点を紹介し、そのようにならないための対策を紹介します。

□注文住宅を建てる際によくある失敗や後悔とは?

*収納、コンセント面での失敗

注文住宅では、ご自身が決められる面もあって自由度が高いのが特徴です。
一方で、様々な部分に注意を払わないと後悔する可能性もあります。
たとえば、収納スペースが少なくて苦労する事例はよく挙げられます。
間取りを考えるときには、部屋のことに意識集中して、収納はあまり考えずに決めるかもしれません。
しかし、収納できずに部屋にものがあふれてくると、快適さも下がりますよね。
また完成して住み始めると実際想定していた場所と違うところにコンセントが必要になったり、
家電製品の進歩により設計時以上のコンセントが必要になったり、不便な思いをすることはよくあります。

*間取り面での失敗

間取りでよくある失敗例をいくつか挙げていきましょう。
・無駄な空間が多い。
・家事動線が悪い。
・トイレに行くのに気を使わないといけない。
・LDKが暗い。
・家族間プライバシーが考えてない。
・外からの目線が気になってカーテンが開けられない。
などが考えられます。

□失敗しないために対策を行う

*収納、コンセント面で失敗しないための対策

対策としては、収納場所も部屋と同じ優先順位で間取りを考えることが大切です。
生活していると荷物は増えますので、全員が使う物とそれぞれが使う物を分けて秋のできるよう
余裕のある収納スペースを確保しましょう。
また、コンセントも失敗の事例としてよく挙げられます。
延長コードで引っ張ったり、コンセントを増やしたりできますが、足元が散らかると厄介ですよね。
そこで、打ち合わせの時に将来的な生活をイメージして
部屋ごとに余裕のある数のコンセントを設けることがおすすめです。

*間取り面で失敗しないための対策

対策としては、生活動線を意識して配置を考えることがおすすめです。
生活動線は、生活の中でも行き来が多い動線を指します。
毎日同じような動きをすると考えると、距離が長いのはストレスが溜まりやすいです。
生活でよくある動きを想像して、その距離が短いように間取りを決めましょう。
特に家事動線は特に毎日のストレスになりやすいので第一に考えることをおすすめします。

□まとめ

今回は、失敗や後悔する点を紹介し、そのようにならないための対策を説明してきました。
注文住宅では間取りや収納、コンセントでも失敗がよくあります。
それぞれの注意点を把握して、対策していきましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る