COLUMN家づくりコラム

注文住宅新築費用の内訳は?

注文住宅新築費用の内訳は?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てて理想の家に住みたいけど、建築費用の内訳について知りたい。」
このように、注文住宅についてお悩みの方はいませんか。
そこで今回の記事では、注文住宅の費用の内訳について簡単にご説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅の費用の内訳

注文住宅の費用と言えば、坪単価や建物価格にばかりに目を奪われがちです。
しかし、かかる費用はそれだけではありません。
注文住宅の費用の内訳は、大きく分けて3つあります。
本体工事費用、付帯工事費用、諸費用があります。

*本体工事費用

建物そのものにかかる費用のことです。
駐車場や庭といった建物以外にかかる費用は含まれていません。
坪単価や注文住宅の価格は本体工事費に含まれます。
総費用の70パーセントから80パーセントくらいが相場でしょう。

*付帯工事費用

本体工事費用以外にかかる費用として、付帯工事費用があります。
付帯工事は、建物を作るのに付帯している工事のことです。
造成工事費用、地盤改良工事費用、上下水道引き込み費用、外構工事費用が含まれるでしょう。
総費用の15パーセントから20パーセントくらいが相場でしょう。

*諸費用

現金で支払わなければならない費用です。
諸費用には、契約時の印紙税や、登録免許税や司法書士報酬といった登記費用、住宅ローン借入費用が含まれます。
その他には、地震保険・火災保険料、引越しや家電、家具の購入費用が含まれるでしょう。
諸費用の相場は、総費用の5パーセントから10パーセント程度かかります。
想定外の事態が起きた時のためや、追加でプランを変更したくなった時のために総費用の10パーセントくらいは確保しておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の費用の内訳について説明しました。
この記事を参考に、注文住宅建ててみてください。
当社では、注文住宅についてのご相談を受け付けています。
住宅の専門家が、お客様をサポートし、最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る