COLUMN家づくりコラム

注文住宅と建売住宅の違い

鳥取での注文住宅と建売住宅の違いについて

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おしゃれな家に住みたいが、注文住宅と建売住宅どちらがいいかよく分からない。」
とお悩みの方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、注文住宅と建売住宅の違いについて説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違いを、それぞれの特徴やメリットから説明します。

*注文住宅とは

注文住宅には、セミオーダー住宅とフルオーダー住宅の2種類があります。

・セミオーダー住宅

セミオーダー住宅は、基本的な仕様はある程度決まっています。
洗面台やお風呂、トイレ、キッチンといった住宅設備を選択肢の中から、
また内装クロスの柄、外壁の色などをサンプルの中からお客様が決めます。
また、間取りもお客様が決められます。
最近では注文住宅という場合、セミオーダー住宅を指している場合が多いです。

・フルオーダー住宅

使用する断熱材や木材、窓の種類といった、新築に関わる全ての項目をお客様が決められます。
設計士と一緒に考えていくので、まさに隅々まで自分の好みの住宅を建てられるでしょう。

・注文住宅のメリット

なんと言っても注文住宅のメリットは、自分で考えて好きな間取りを手にいれられることです。
自分の生活スタイルに合わせて、個々の部屋や住宅全体もデザインできます。
また、建物ができあがっていく途中段階も見られます。

*建売住宅とは

建売住宅は、土地とセットで販売されている新築分譲住宅を指します。
建築中に販売が開始される場合と、住宅の完成後に販売が開始される場合があります。

・建売住宅のメリット

メリットは価格の安さです。
デザイン料がかからないことに加え、材料の節約を考えて建てられていることが多いです。
また、土地の節約も行なわれていることが多く、その分価格が安くなります。
間取りも一般的な間取りが多く、特にこだわりがない方には暮らしやすい間取りが多い傾向です。

□まとめ

今回は、注文住宅と建売住宅の違いについて説明しました。
この記事を参考に、自分だけの住まいづくりを実現してください。
当社では、注文住宅だけでなく建売住宅も多く手がけています。
どちらがいいか迷われた時にはお気軽にご相談ください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る