COLUMN家づくりコラム

住宅ローン控除

注文住宅をお考えの方へ、住宅ローン控除の条件を説明します!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てるために住宅ローンを組みたいけど、住宅ローンの控除って受けられるのかな。」
など、住宅ローンについてよく分からなくて、困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、住宅ローンの控除が受けられる条件について説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□注文ローン控除とは?

住宅借入金等特別控除と呼ばれる制度のことです。
住宅をローンで購入した場合に、一定の割合の金額が所得税から控除される制度です。
利用することで、注文住宅を購入する時の経済的な負担を減らせるでしょう。
また、控除を受けるためには、確定申告が必要です。
生命保険控除や社会保険控除とは異なります。
住宅ローン控除は、あらかじめ計算された所得税から税金が引かれ、納税した分戻ってきます。
所得税から控除しきれなかった分は、住民税から控除されるでしょう。

□注文住宅の住宅ローン控除を受けられる条件とは?

*返済期間が10年以上であること

返済期間が10年以上であることです。
借りた時が10年以上でも、繰上げ返済で、借入れ時から完済までの期間が10年未満になると、控除が受けられなくなります。

*自らが居住すること

自らが居住することも条件です。
また、住居の引渡しまたは、工事の完了から6か月以内に、減税を受ける方が居住する必要があります。
居住の実態は、住民票により確認します。
そのため、別荘は対象になりません。

*床面積が50平方メートル以上

床面積が50平方メートル以上あることも条件です。
この床面積の測定方法は、不動産登記上の床面積と同じです。
戸建て住宅の場合は、壁心により測定します。

*住宅ローンの適用を受ける年の年収が3000万円以下であること

1年でも、合計所得が3000万円を超えた場合は、それ以降の年は控除を受けられません。
住宅ローンの契約年の年収が3000万円以上であれば、初年度から控除が受けられません。

□まとめ

今回は、住宅ローンの控除が受けられる条件について説明しました。
この記事を参考に、住宅ローン控除を利用して夢のマイホームを実現してください。
当社では、住宅ローンについてのご相談も受け付けています。
ぜひ一度、当社までお気軽にお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る