COLUMN家づくりコラム

つなぎ融資

注文住宅でローンを検討している方必見|つなぎ融資とは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てたいが、住宅ローンについてよく分からない。」
「つなぎ融資って何だろう。」
このように、住宅ローンについてお悩みの方はいませんか。
注文住宅を建てて、おしゃれな家に住みたいという方は多いのではないでしょうか。
しかし、中にはつなぎ融資が何か分からなくて、困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、つなぎ融資について説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅の住宅ローンで活用するつなぎ融資とは

*つなぎ融資とは

住宅ローンを申し込んだ時、実際に融資が降りるまでの間組めるローンのことです。
借りたお金は、購入した土地や物件に関わる支払いのみに利用できます。

*必要な理由

必要な理由は、住宅ローンの仕組みが関係してきます。
住宅ローンは、物件を担保して契約します。
そのため、物件が完成してから組めるようになっています。
注文住宅は、物件が完成するまで住宅ローンを組めません。
物件が完成するまでの間も、土地の購入費用や、家を建てるのに必要な費用を払わなければなりません。
これらを自己資金でまかなえないため、つなぎ融資が必要になります。

*注意点

・対応していない金融機関がある

多くの銀行は住宅ローンに対応しています。
しかし、つなぎ融資は対応している銀行が少ないです。
そのため、住宅ローンを選ぶ際は、つなぎ融資があるか事前に調べましょう。
金融機関によっては、金利が固定金利で高い設定になっていることがあります。
また、変動金利の場合でも金利が高い銀行が多いです。

・つなぎ融資には連帯保証人が必要

住宅ローンに保証人に不要ですが、つなぎ融資には必要です。
なぜなら、無担保ローンだからです。
つなぎ融資は、連帯保証人になってくれる人がいれば、受けられます。

・建築日数が増えれば、利息も増える

高い金利が適用されるので、返済までの日数が増えると、利息も増えます。
天候の関係や購入した土地の状態で、家の完成が遅れることは、珍しいことではありません。
そのため、家の引き渡し日が遅れた場合に、違約金を貰えるような契約をしておくといった準備をしておきましょう。

□まとめ

今回は、つなぎ融資について説明しました。
この記事を参考に、つなぎ融資を利用して、注文住宅を建ててみてください。
当社では、注文住宅についてのご相談を受け付けています。
住宅の専門家がお客様をサポートし、最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る