COLUMN家づくりコラム

おしゃれな吹き抜け

吹き抜けのメリットとは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「吹き抜けがあるおしゃれな家に住みたいな。」
注文住宅を建てる際このように思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、吹き抜けのメリットについて説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□吹き抜けとは

吹き抜けとは、一般的には建物の1階から数階に渡って天井がなく、上下がつながっている空間のことです。

□吹き抜けのメリットとは

吹き抜けのメリットを、4つ説明します。

*開放感のある家になる

吹き抜けの最大のメリットは、開放感のある部屋にできることです。
吹き抜けを作ることにより、1階と2階のスペースが連続するので、それに伴い天井が高くなります。
吹き抜けのある部屋で、上を見ると天井まで見渡せるので、視線の抜けがよくなります。
また、吹き抜けに窓を設けると、光が入ると共に視線が窓の外にも抜けるようになるので、家の中はより広く見えます。
視線の抜けがあることで、部屋全体を実際の広さより、開放的で広く見せる効果が期待できるでしょう。

*明るい家になる

吹き抜けを作ることで、家の中が明るくなります。
2階の床になる場所が吹き抜けの空間になるので、光が入りやすいです。
隣の家と距離が近くて、1階の窓に光があまり入らない場合は、吹き抜けがあることで、光が入りやすくなるでしょう。
そのため、明るい家にしたい方、太陽の光がたくさん入ってくる家にしたい方におすすめです。

*おしゃれな家になる

海外のリゾート別荘でもよく使われているように、デザイン性が高くておしゃれな家になります。
リビング階段とも相性がよく、リビング階段と吹き抜けを合わせることで、よりおしゃれな空間になるでしょう。

*風通しがよくなる

気温の高い日、暖かい空気は上に溜まっていきます。
その溜まった空気を吹き抜けの二階の窓から出すと、風がうまく通ります。
しかし、風の向きや窓の配置、開ける窓の選択次第で風通しの良さは変わってきます。

□まとめ

今回は、吹き抜けについて、吹き抜けのメリットについて説明しました。
この記事を参考に、吹き抜けのある注文住宅を建ててみてください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る