COLUMN家づくりコラム

注文住宅の隣人トラブル

隣人トラブルを未然に防ぐ方法とは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新築一戸建てを検討しているが、隣人トラブルが起きないか心配。」
「未然に隣人トラブルを防ぐ方法ってあるのだろうか。」
新築を建てた後には、隣人トラブルが起きないか心配になりますよね。
そこで今回は、鳥取で新築一戸建てを検討中の方へ、隣人トラブルを未然に防ぐ方法について説明します。

□隣人トラブルを未然に防ぐ方法とは?

夢のマイホームを手入れることができても、後々、隣人トラブルで後悔すると嫌ですよね。
新生活にも悪影響となる可能性もあるので、新築を建てる際には、隣人トラブルを未然に防ぐ方法が必要となります。
では、隣人トラブルを未然に防ぐ方法には、どのようなものが挙げられるでしょう?

*騒音となりそうな設備はできるだけ隣家から離す

やはり、隣人トラブルで最も多いのは、騒音問題です。
例えば、駐車場での車の出入りは、寝ている方にとっては、騒音になることもあります。
また、意外と知られていない騒音の原因となるのが、エアコンの室外機や給湯器です
特にエアコンは、夜寝るときにも使用することが多いので、隣家の寝室の近くにエアコンの室外機があると隣人トラブルになる可能性があります。
購入当初は、あまり音が気にならなくても、3年以上たつと音が大きくなると言われているので注意が必要です。
このような騒音となりそうな設備は、家が建った後に変更しようとすると、かなりの費用がかかってしまいます。
そのため、新築一戸建てを検討中の方は、設計段階でエアコンや室外機、駐車場など騒音になりそうなものの位置を考えておくと良いでしょう。

*周囲の住宅や景観を事前に把握しておく

新築を建てる際には、周囲の住宅や景観を事前に把握しておくことが必須となります。
例えば、周囲の住宅や景観からみて、自分の家の外装があまりにも目立ちすぎると、隣人トラブルにつながる可能性もあります。
また、隣人トラブルを防ぐためだけでなく、周囲の住宅や景観を事前に把握しておくことは、外壁の色を決めるうえでも重要なポイントです。

□まとめ

今回は、鳥取で新築一戸建てを検討中の方へ、隣人トラブルを未然に防ぐ方法について説明しました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る