COLUMN家づくりコラム

新築一戸建て・外構

外構でよくある失敗例とその対策法を解説

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築一戸建てを建てる際、外構で失敗したと後悔する方も意外と多くいらっしゃいます。
そこで今回は、鳥取で新築一戸建てを検討している方へ、外構でよくある失敗例をいくつか挙げて、その対策法について解説します。

□外構でよくある失敗例とその対策法とは?

新築一戸建てでは、内装はこだわるが、外構は簡単に済ましてしまう方が多くいらっしゃいます。
その結果、実際住んでみると外構部分で失敗してしまい、後悔が残ってしまうことになります。
では、外構でよくある失敗例には、どのようなものが挙げられるでしょうか?
対策方法とともに説明していきたいと思います。

*屋外コンセントを設置しなかった

コンセントは外構に関わらず、実際に住んでみると思った以上に必要だったという例が多くあります。
屋外コンセントの設置は、新築の間取りが決定した後、電気工事の打ち合わせの際に決めることが多いです。
そのため、電気工事の打ち合わせ前に外構の設計を考えておくと、屋外コンセントの必要な箇所の判断が難しくなります。
特に、セキュリティ面で玄関付近や夜間の駐車場は、電気が必要になることが多いので、事前に外構の設計を考えておくと良いでしょう。

*駐輪スペースを設けていなかった

新築を建てた際には、将来のことも考えて外構を考えなければなりません。
もし、駐輪スペースを設ける場所がないという場合は、少なくとも自転車が通れる道を作っておくと出し入れの際に便利になるでしょう。

*雨で濡れると滑りやすいアプローチ

アプローチで使われる素材の中には、雨で濡れると滑りやすくなるものもあります。
特に、小さな子供や高齢者の方には、滑りやすいアプローチはとても危険です。
そのため、雨で濡れても滑りにくい素材を選ぶことをおすすめします。

□まとめ

今回は、鳥取で新築一戸建てを検討している方へ、外構でよくある失敗例とその対策法を解説しました。
今回解説した内容を参考にして、早めに外構のイメージを決めておくと、後々の生活での後悔や失敗を防ぐことができるでしょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る