COLUMN家づくりコラム

室内の床の色の選び方とは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

床はどんな色にしたらいいのか悩んでいる方もいらっしゃると思います。
部屋の雰囲気づくりに、床の色はとても重要なポイントになりますよね。
そこで今回は、床の色の選び方のポイントについて解説していきます。

□床の色の選び方ポイントとは?

新築での床の色は、部屋の雰囲気を決めると言っていいほど重要になります。
そのため、家づくりにおいてとても悩まされるポイントの一つになるでしょう。
失敗しない色選びにするためには、次のようなポイントに気をつけてみてください。

*床の色が持つ特徴を知っておく

新築で床の色を選ぶときには、床の色が持つ特徴を知っておく必要があります。
例えば、白系の床の色だと、部屋全体が明るく見え、広く感じさせるという効果があります。
しかし、汚れが目立ちやすいというデメリットもあるので頻繁に掃除ができる方におすすめです。
一方で、黒系の床の色だと、落ち着いた雰囲気に仕上がり、汚れが目立ちにくいというメリットがあります。
デメリットには、インテリアの色と床の色を揃えないと統一感が悪くなるということが挙げられるでしょう。
このように、色が与える印象や特徴、メリットやデメリットを事前に把握しておくと、失敗しない色選びができます。

*床の色が基準となる

一般的に新築では、まず床の色を決めることになります。
そして、決まった色を基準にして壁や天井に向けて薄い色にしていくのが無難とされています。
つまり、床の色が部屋の印象を決める基本になるということを知っておくと良いでしょう。

*事前に部屋のコンセプトを決めておく

床の色を決めるときには、部屋のコンセプトを決めておくことが重要になります。
前述したように、床の色は部屋の印象を決めるものになるので、どのような部屋を作りたいのかイメージを持っておきましょう。

□まとめ

今回は、床の色の選び方のポイントを解説しました。
新築の家づくりの中でも、床の色選びはとても悩まされる方が多いです。
実際に、モデルルームや完成見学会に足を運んでみて、具体的な部屋のイメージを持っておくと良いでしょう。
ぜひ、この記事を参考に失敗しない床の色選びをしてくださいね。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る