COLUMN家づくりコラム

住宅ローン頭金

住宅ローンを組む際、頭金をいくらくらい用意すればいいか

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築を建てる際、資金計画が重要になりますよね。
そして、多くの方が悩まされるのが、いくら頭金を用意すればよいのかです。
そもそも、頭金って必要なのでしょうか?
頭金をいくら用意するのかによって、今後の生活にも影響してくるので慎重に考えなければなりません。
そこで今回は、頭金をいくらぐらい用意すればいいのかご説明していきます。

□そもそも、頭金って必要?

新築一戸建てを建てるにあたって、そもそも頭金は必要なのかと考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
全額を自己資金で支払う方もいらっしゃいますが、多くの方は住宅ローンを組まれます。
住宅ローンを借りる際は、頭金として一定額を自己資金で支払うことにより、借入額を抑えることができます。
そして、借入額を抑えることにより、毎月の返済額や利息も抑えることができるのです。

□新築一戸建てを購入する場合、頭金はいくら必要?

では、新築一戸建てを購入する場合、頭金はいくらくらい必要なのか気になりますよね。
一般的には、購入金額の「1割~2割の頭金」を用意するとよいと言われています。
もちろん、できるだけ多くの頭金を用意しておくことで、今後の生活や気持ちに余裕ができるでしょう。
しかし、注意したいのが、貯蓄をすべて頭金に入れてしまうと、緊急時に困ってしまいます。
例えば、病気やけが、転職などの予想していなかったトラブルにあったときに、住宅ローンの支払いが滞ってしまう可能性もあります。
そのため、いざということの時のことを考えて、貯蓄から頭金を入れても、生活費1年分程度残るくらいにしておくとよいでしょう。
これらのことから、毎月の生活費や子供の教育費、その他のローンの返済期間などを考慮して、長期的に無理のない資金計画を考えてみてください。

□まとめ

新築一戸建てを建てるとなると、人生の中でも大きな買い物になりますよね。
そして、頭金がいくら必要になるのかは、各家庭の経済状況によって異なります。
今後の生活、返済のことを考えて、余裕を持った資金計画を立てるようにしましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る