COLUMN家づくりコラム

新築 防犯 空き巣

空き巣や泥棒に狙われやすい住宅とは?注文住宅での防犯対策を紹介

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「注文住宅を建てたのはいいけど、泥棒に入られたらどうしよう」
このように、防犯について気になる方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、注文住宅でできる防犯対策を簡単にご説明します。

 

□空き巣や泥棒に狙われやすい住宅とは

空き巣や泥棒は、実行する前に下見をします。
つまり、下見をしやすい住宅は空き巣や泥棒に狙われやすいです。
ここでは、空き巣に狙われやすい住宅とはどのようなものなのかをご説明します。

*大きな公園が目の前にある住宅

公園は、昼間だと体を動かしたり、子供を遊ばせたりできるのでとても有意義な場所です。
しかし、夜になると街灯も少なく、遊具や木などで身をひそめる場所がたくさんあります。
そのため、下見をする空き巣や泥棒にとってはとても良い場所です。

*人通りの少ない路地や袋小路に面している住宅

このような立地の住宅はとても危険です。
人通りが少ない場合は、その分犯行を行うタイミングが多いです。
また、路地に囲まれている場合は、死角が多いため侵入しやすくなります。
そのため、侵入するときにバレる可能性も低いです。
反対に、逃走するときも死角を使い簡単に姿を消せます。
このような立地の住宅は、他の空き巣や泥棒に狙われる可能性が高いので、被害に遭う確率も高くなります。

 

□注文住宅でできる防犯対策とは

注文住宅を新築する場合は、できるだけ空き巣や泥棒の被害を避けられる住宅を建てたいですよね。
ここでは、注文住宅を建てるときにできる防犯対策をご紹介します。

*泥棒や空き巣に狙われにくい土地を選ぶ

先に触れたように、空き巣や泥棒はまず入りやすい家を探すことから始めます。
土地を選ぶ時に、人通りが極端に少なくないか。
家の近くに街灯等があり、夜になっても真っ暗にならないか。
家の周りに死角になる場所はないか。
などもチェックする項目に入れることをお勧めします。

*ドアや窓周りの防犯を強くする

空き巣や泥棒が室内に入るときは、扉や窓から侵入します。
ドアから侵入してくる場合は、鍵をピッキングで開けたり、鍵ごと壊したりします。
対策としては、防犯性の高い「CPマーク」が付いている鍵を選ぶのをおすすめします。
また、窓を大胆に壊して侵入してくる空き巣や泥棒もいます。
このような場合には、簡単には割れない「防犯ガラス」を用いることをおすすめします。
また、センサーライトを設置して侵入を知らせてくれるようにもできます。

 

□まとめ

今回は、注文住宅でできる防犯対策をご説明しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の新築をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る