COLUMN家づくりコラム

新築 壁面収納

壁面収納のメリットは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅を建てるときに、壁面収納を設置するメリットを知りたい。
このように、注文住宅の新築を考えていて、壁面収納について知りたい方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、注文住宅の壁面収納についてご説明します。

 

□注文住宅を購入するときに壁面収納を設置するメリット

壁面のスペースを有効活用して、壁の大きさに合わせて設置する収納のことです。
壁を有効活用できるので、収納スペースが増えて広々とした空間を作れます。
リビングや寝室、子供部屋など、壁があればどこにでも設置できますが、収納するモノの大きさを把握してから作る必要があります。
また、もう1つ大きな壁面収納のメリットとして、地震に強いことが挙げられます。
一般的な壁に取り付けられていない棚を設置すると、地震のときに倒れる危険性があり、防振グッズなどで固定する必要があります。
しかし、壁面収納は壁にしっかりと固定されているため、倒れる心配はありません。
壁面収納そのものが壁に固定されているため、中に入れているモノが落ちる可能性が低いです。

□壁面収納の様々な用途

壁面収納は、スペースを有効活用することや地震に強いことだけがメリットではありません。
様々な工夫をすることで、さらに使いやすい収納に変化させられます。
ここでは、壁面収納の用途の幅広さを説明します。

*壁面収納に引き戸をつける

壁面収納をオープン棚として使っている方もいると思います。
そのため、来客があったときはあまり見せたくないこともあると思います。
そこで、扉を引き戸にすれば、普段は使いやすいように開けっ放しにして、来客があったときは閉めて中身を隠すことも可能です。
また、引き戸で中身を隠せるので、全体がすっきりしてみえて、開放感のある部屋になります。

*壁面収納にコンセントを設置する

壁面収納の中にコンセントを設置すると、さらに収納の幅が広がります。
コードレス掃除機などを充電しながら収納が可能です。
充電が必要な家電をコンセント付きの壁面収納にしまうと、コードが一緒にしまえるので、部屋がきれいに見えます。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の壁面収納についてご説明しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の新築、建て替えをお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る