COLUMN家づくりコラム

新築一戸建てのバルコニーについて説明します

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新築一戸建てのバルコニーについて知りたい」
「バルコニーとベランダの違いがわからない」
このように、新築一戸建てを購入するときにバルコニーを設置するか考えている方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、新築一戸建てのバルコニーについて倉吉市の注文住宅店がご説明します。

 

□新築一戸建てのバルコニー

バルコニーとは、住宅などの本体から外に出っ張った屋根の欄干に囲まれたスペースのことです。
一般的には、洗濯物を干したり、テーブルや椅子を置いて団らんしたりするスペースとして使われることが多いです。
木造の新築一戸建てを建てる場合は、柱などの支えを用いずに跳ね出しのスペースを作る場合は、1m以内までという決まりがあるので注意が必要です。
そのため、木造で広いバルコニーを作る場合は、跳ね出した部分の下に柱や壁などの支えを作ります。
バルコニーを作るメリットとしては、屋根がないので日当たりがとても良いです。
半室内的な空間にいながら、日光浴を楽しめます。
また、庭などがない場合は、家庭菜園やバーベキューなど様々な利用の仕方があります。

 

□バルコニーとベランダの違いとは

バルコニーとベランダは何が違うのか分からない方が多いと思います。
新築一戸建てを購入するときなどに、バルコニーとベランダの違いを知っておいた方がイメージも湧きやすいです。
ここでは、バルコニーとベランダの違いをご説明します。

*屋根の有無と広さの違い

バルコニーとベランダの違いは、屋根の有無とスペースの違いです。
上記でもご説明しましたが、バルコニーとは屋根がなくスペースが広いものです。
ベランダとは、屋根があり、比較的スペースが狭いもののことです。
屋根があり、スペースが広いものはインナーバルコニーと呼ばれます。
屋根がないバルコニーは、使える季節が限られています。
夏の強い日差しや梅雨の雨、雪が降っている冬はあまり使えないことが多いでしょう。
そのため、バルコニーを作るときは、設置した後に使うかどうか、どのように使うかをイメージすることが大切です。

 

□まとめ

今回は、新築一戸建てのバルコニーについてご説明しました。
当社では、新築一戸建ての購入についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様の住まい購入に関するお悩みを全力で解決いたします。
新築一戸建ての購入をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る