COLUMN家づくりコラム

注文住宅を建てる際にロフトを設置するメリットは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロフトとは何かを知りたい」
「注文住宅の購入を考えているけど、ロフトを作るメリットを知りたい」
このように、注文住宅を建てるときにロフトを作るかどうか悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、注文住宅にロフトを設置するメリットを鳥取県の注文住宅店がご説明します。

 

□注文住宅にロフトを設置するメリット

ロフトとは、屋根裏にあるスペースを活用した部屋のことです。
屋根裏のデッドスペースを有効活用して、物置として使われることが多いです。
ここでは、ロフトのメリットについてご紹介します。

*スペースを活用できる

ロフトとは、上記でも少しご説明しましたが、屋根裏のスペースを有効活用して作られる部屋です。
ロフトを設置する大きなメリットは、物置スペースができることです。
大きすぎるものや重たすぎるものは置けませんが、収納スペースを大幅に増やせます。
主な用途としては、来客用の布団やスキー、スノーボード、釣竿など様々なものを収納できます。

*固定資産税がかからない

一般的にロフトとは、屋根裏にある部屋のことを言います。
建築基準法によると、高さが1.4mより低いロフトは階数に数えなくても良いことになっています。
そのため、ロフトを設置するときの天井の高さは1.4m以下です。
もし、ロフトの高さが1.4mよりも高くなった場合は、階数として数えられてしまうので、固定資産税が発生してしまいます。

 

□ロフトの意外な使い方

ロフトは、一般的に物置として使われている場合が多いです。
しかし、設計次第では物置以外の用途も考えられます。
ここでは、物置以外のロフトの使い方をご説明します。

*寝室や子供部屋になる

上記でもご説明しましたが、ロフトは建築基準法によって高さが制限されているため、広い部屋にはなりません。
そのため、子供は秘密基地のような感覚で喜ぶ場合があります。
また、大人の場合でも自分だけの隠れ家的感覚で書籍などを設置しても良いです。
ロフトは、周りに余計な誘惑をするものがないので、作業に集中しやすいかもしれません。
狭い場所が落ち着くという方は、寝室にすることも可能です。

 

□まとめ

今回は、注文住宅にロフトを設置するメリットをご説明しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様の住まいに関するお悩みを全力で解決します。
注文住宅の購入をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る