COLUMN家づくりコラム

倉吉市にお住まいの方必見!注文住宅の間取りの打ち合わせのポイントをご紹介!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倉吉市で注文住宅を考えていて、間取りの打ち合わせについて不安がある方はいませんか?
間取りは日々の暮らしの快適さに直接影響してくるので失敗したくありませんよね。
そこで今回は注文住宅を建設する際の間取りの打ち合わせのポイントを説明していきます。

□間取りの打ち合わせの回数

注文住宅の間取りの打ち合わせの回数についてですが、これは個人差があります。
基本的な流れとしては、企業側とのイメージや理想像の共有を最初に行うのですが、こちらを数回経た後に設計に関わる打ち合わせを数回から十数回重ねることが多いです。
やはり一番回数が多くなるのは設計に関わる打ち合わせで、この打ち合わせの際に間取りなどを話し合っていきます。

全体で見ると、少なければ数回の打ち合わせで完了しますが、多い場合だと20回以上打ち合わせを重ねることもあるようです。
この打ち合わせの回数は購入者のこだわりの強さに比例することが多いと言われています。
注文住宅に関してこだわりがあまりなければ打ち合わせの回数は少なくなりやすく、こだわりが強いと細かい所を納得いくまでまで話し合うことになるので回数が増えたり時間がかかるようです。
打ち合わせにかかる期間については、打ち合わせの頻度によっても変わってきますが、どれだけ少なくても数回は打ち合わせをすることになるので、週に1回行うと考えても1カ月以上は最低でもかかるでしょう。
なので、打ち合わせ回数が多いと半年以上かかる可能性もあります。
しかし、企業によっては短期集中的に打ち合わせを行うプランを用意している場合もあるので時間があまり取れないという方はこちらを検討してみても良いかもしれません。

□間取りの打ち合わせのコツ

注文住宅を建設する上で、打ち合わせでしっかりと考えて間取りなどを決めることは満足いく注文住宅を建設するために必要なことです。
注文住宅の間取りの打ち合わせのコツとしては、企業側にちゃんと希望やイメージが伝わるように、サンプルとなるプランを用意しておくことが最初に挙げられます。
企業側とのイメージのズレはトラブルの原因となるのでしっかり情報が伝わるように用意しておくと良いでしょう。

次に完成後のイメージ、実際の暮らしを想像しながら打ち合わせを行うことが挙げられます。
設計の段階から実際に住む際の想像をしておかないと完成後に問題が発生して、改善が難しいなどという事態になりかねないので、これは重要なポイントです。
最後に、常に意識することとして妥協しないようにすることが挙げられます。
妥協して後悔してしまっては遅いので、こだわる所はとことんこだわるべきでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅を建設する際の間取りの打ち合わせのポイントを説明しました。
理想通りの注文住宅を建設するためにも、打ち合わせに力を入れて後悔しないようにしましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る