COLUMN家づくりコラム

鳥取市にお住まいの方へ!子供がいる場合の注文住宅の間取りのポイントとは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取市にお住まいで注文住宅をお考えの方で、子供がいる場合の間取りについてお悩みの方はいませんか?
子供がいるかいないかで注文住宅の間取りは大きく変わってきます。
今回は子供がいる場合の注文住宅の間取りのポイントについて説明していきます。

□小さな子供がいる場合の間取り

小さなお子様がいらっしゃる場合はできるだけいっしょの空間にいられるような間取りの方が良いでしょう。
できるだけ目の届く範囲に子供がいるような間取りを意識することで危機管理がしやすくなる効果もあります。
具体的なポイントとしてはまず、リビングやダイニングを大きめにして機能性を重視するようにすることが挙げられます。
リビングやダイニングというのは家族が一番集いやすく、これらの空間を大きめに確保することは子育てのしやすさに繋がるでしょう。
キッチンとリビングの繋がりを意識すれば、料理中であっても子供を常に目の届く範囲に置けるので安心して家事に集中できます。
リビングに隣接する部屋などに空間を仕切るための戸を設置したりすると、大きな集まりなどがある時にも便利ですし、様々な使い方ができるのでおすすめです。

次に挙げられるのは玄関のスペースを大きく取ることです。
小さなお子様がいるとベビーカーを使用していたり、子供の荷物などがあると玄関スペースを圧迫してしまうので玄関を大きめに取ることで出入りが楽になり、出かける際の負担が減ります。
他にはリビング階段の設置などもおすすめです。
リビングを通らなければ自分の部屋に行けないようにすることで、子供の様子を常に把握できるので子育てをする上でとても便利なものです。

□子供の成長に合わせた間取り

子供がいる家庭での注文住宅の間取りにおいて、子供の成長に合わせた間取りを意識することは重要なことです。
子供が成長するにつれて必要な設備や部屋は変わっていくので、子供の成長に合わせて臨機応変に対応できる家にできると理想的でしょう。
例えば子供が小さく、専用の部屋を必要としない時は子供の活動範囲が広がるように大きめのスペースがあった方が良いでしょう。
そして、子供の成長に合わせて部屋を仕切れるようにあらかじめ設計しておくと良いでしょう。
注意すべき点は配線や扉を2か所以上しておいた方が良い点です。
こうしておくと兄弟で共用する場合に困らないです。

□まとめ

今回は子供がいる場合の注文住宅の間取りのポイントについて説明しました。
子供に合わせた間取りを意識することで生活の快適さもかなり変わってくると思います。
注文住宅を考えている方は今回説明したことを意識してみてください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る