COLUMN家づくりコラム

倉吉市で注文住宅をお考えの方へ!コンセントで失敗しないためには?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅で、コンセントについてしっかり考えられていますか。
見落としがちな方も多いでしょう。
しかし、しっかり考えないとコンセントで失敗してしまうかもしれません。
今回は倉吉市の企業がコンセントで失敗してしまう原因と対策についてご説明します。

☐コンセントで失敗する理由

どのような原因で失敗してしまうのか考えたことはありますか。
あまり考えたことのない方もいらっしゃるかもしれません。
今回はその失敗する理由をいくつかご説明します。

*数が足りない

そもそもまず数が足りないという事が挙げられるでしょう。
これは何も考えずに設置してしまうからこそ起きることです。
電源タップを使用することで、ある程度改善されるかもしれません。
しかし、電源タップだけでは対応できない可能性もあります。

*場所が悪い

失敗する原因として、設置場所が悪いという事も挙げられるでしょう。
コンセントが欲しい場所にないと不便ですよね。
生活動線に適した場所にコンセントが設置されていないと、生活に不満が溜まりやすくなってしまうかもしれません。。

*種類が違う

そもそもコンセントの種類を間違えてしまうという失敗例もあります。
この失敗はありえないと考えている方も多いかもしれません。
しかし、無知であるとこのような失敗を起こしかねません。

☐失敗しないための対策

誰だって住宅を建てる時、失敗したくないですよね。
コンセントの失敗を起こさないためにできる対策についてご説明します。
どの対策も簡単にできるので、是非対策に取り入れてみてください。

*図面に家具を置く

最も効果的な方法だといえるでしょう。
図面上にどの場所にどの家具を置くか考え、書いてみましょう。
そうすることで、家電の位置を理解できます。
その位置に合わせてコンセントを設置すれば良いのです。
家具や家電を失敗せずに置きたい位置に置くためには、この方法を取るべきだといえるでしょう。

*口数を考えておく

コンセントの位置と同じぐらい重要なのか、口数です。
位置が良くても、口数が少なければ困りますよね。
電源タップを使用するという方法もありますが、家電が多い場所ではそれでも対応できないかもしれません。
そのため家電を多く置くキッチンやテレビ周りには、コンセントの口数を多くすると良いでしょう。

☐まとめ

コンセントについてしっかり考えなければならないと感じた方も多いのではないでしょうか。
コンセントは、私たちの生活になくてはならない必需品です。
快適に過ごすために設置する高さや場所をしっかりと考え、より良い生活を実現しましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る