COLUMN家づくりコラム

鳥取県の皆さんへ!注文住宅の打ち合わせにおける注意点とは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

打ち合わせにおいて、何に気をつければ良いのか分からないという鳥取市在住の方はいらっしゃいませんか。
不安に思っている方も多いでしょう。
不安を取り除いて臨みたい方も多いでしょう。
今回は、注文住宅の打ち合わせにおいて気をつけるべき事をご説明します。
打ち合わせをする予定がある方は是非参考にしてください。

☐注文住宅の打ち合わせにおける注意点

住宅を建てる上で、打ち合わせはとても大切ですよね。
どのようなことに注意すれば良いのか知りたくないですか。
今回は注意すべき事の中でも代表的な事柄を3つご説明します。
注意点が分からない方も、この3点は押さえておきましょう。

*イメージを共有しておく

どのような住宅を建てたいのか、イメージを企業と共有しておきましょう。
企業とはもちろんのこと、家族の中でも共有しておくべきでしょう。
しっかりと共有できていないとどういう事が起こるか考えたことはありますか。
後の設備や資材選びに迷いが生じる可能性があるのです。
効率的に進めるためにもイメージは共有しておくと良いでしょう。

*スケジュールを立てておく

住宅の建設には長い期間がかかることは周知のことでしょう。
そのため、スケジュールを事前に立てておくと良いでしょう。
打ち合わせが長くなればなるほど、完成するのも遅くなります。
住宅の完成時期に予定を合わせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方は特に完成時期が遅れてしまうと困りますよね。
希望する引渡し日がある方は事前に伝えるようにしましょう。
そうすることで、無理のないスケジュールを組めるでしょう。

*住宅ローンの仮審査を早めに終わらせる

なるべく早く仮審査を終わらせておきましょう。
しかしローン会社によって申請できる時期が異なります。
そのため申請する前に確認しておくと良いでしょう。
なぜ早めに終わらせた方が良いのかご存じですか。
それは、早めに終わらせることにより、企業からの信頼が得られるのと同時に、あなた自身が安心して打ち合わせに参加できるという効果が期待できるからです。
住宅を建てる機会は人生において1回しかない方がほとんどでしょう。
精神的に余裕が持てるように、審査を終わらせることをおすすめします。

☐まとめ

打ち合わせでどのようなことに気をつけるべきか分かっていただけたでしょう。
事前に認識確認を行っておくことが重要なのです。
今回説明した事柄以外にも気をつけるべきことはあります。
注意点をしっかり理解したうえで打ち合わせに臨めば、良い住宅が建てられるでしょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る