COLUMN家づくりコラム

新築 リビング

リビングのプランニングで失敗しないポイントとは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの家庭でリビングは一番長い時間家族が集まる場所。
リビングは住宅を設計する際、一番大切な場所かもしれません。
そこで今回は、リビングのプランニングで失敗しない方法についてご説明します。

□注文住宅のリビングの間取りを考えるときのポイント

リビングのプランニングを失敗してしまうと、家族全員が暮らしづらくなる可能性があります。
そのため、リビングのプランニングはとても重要です。
ここでは、リビングを考えるときのポイントをご説明します。

*生活動線から考える

生活動線は、快適な生活を送るためによく考えなければなりません。
生活動線とは、部屋間の移動や家事を行うための通り道のことです。
動線は、できるだけ一直線か円を描くようにするのがおすすめです。
中心になるリビングを無視した動線を考えると、リビングの使い勝手が悪くなってしまうので注意が必要です。

*コンセントの位置を考える

コンセントは一般的に足元に設置され、一部屋に数カ所あります。
しかし、家具や家電の場所を考えていない場合、設置したコンセントが使えないこともあります。
そのため、コンセントを配置するときは、設計段階で生活動線を考えてどこに何を置くかをイメージする必要があります。

□リビング階段をつけるときの注意点

リビング階段を設置する場合は、様々なことに注意が必要です。
リビング階段を設置すると、リビングが開放的になりおしゃれに感じられます。
しかし、リビングに階段を設置するときは様々なことに配慮しなければなりません。
例えば、一階でテレビを見ていた場合、二階まで音が聞こえてくるのでなかなか寝付けないことも考えられます。
また、リビングで食事をした場合は臭いが家中に広がる可能性もあります。
このように、リビング階段は良いことだけではないので注意が必要です。

□まとめ

今回は、注文住宅のリビングのプランニングで失敗しない方法についてご説明しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様の住まいに関するお悩みを全力で解決します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterに投稿する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT見学会、イベント情報

一覧を見る